会社概要


ウエイクフィールドの歴史

当社は昭和53年に設立され、現在では、海陸ディーゼル及びガスエンジンの整備機械の開発・設計・製造販売並びにメンテナンスサービスを行い、日本国内をはじめ世界各地の大手エンジンメーカーや船主へ納品しています。

1994年に発売されたシリンダーライナー・ホーニングマシン型式HMAは、特別に設計されたテンショナーを使用し、新型の全自動式ホーニングシステムであるHMA-Fへと継承されています。

排気弁弁棒・弁座研削盤のSEG(電動式)とWSG(空気駆動式)はMAN Diesel & Turbo A/Sにより認定・認証済み。

本社と工場は福岡県久留米市に位置し、また国内営業所が横浜にあります。

また、整備機械の製造販売に加えて、造船所、本船内、発電所等での特殊な研削・切削加工サービスをご要望に応じて世界各地で提供しています。

当社の製品は、シンガポール、上海、ピレウス、ハンブルグ、ランズクローナ(スウェーデン)、シアトルの代理店を通してお求めいただけます。

日本舶用工業会会員

 

Wakefield1  Wakefeild2

Wakefield3